豊洲駅 徒歩5分
〒135-0061 東京都江東区豊洲2-5-3-102E

HOME初診の方へ医師のご紹介当院のご案内交通案内料金案内

豊洲・月島・晴海エリアの皮膚科 美容皮膚科

アトピ―性皮膚炎

HOME»  一般皮膚科・アレルギー科»  アトピ―性皮膚炎

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、もともとアレルギーを起こしやすい体質の人や、皮膚のバリア機能が弱い人に多く見られる皮膚の炎症を伴う病気です。良くなったり悪くなったりを繰り返し(再発)、なかなか治らないこと(慢性)が特徴です。
「増悪・寛解を繰り返す、かゆみのある湿疹を主病変とする疾患であり、患者の多くはアトピー素因をもつ(アトピー性皮膚炎診療ガイドラインより)」と定義されています。

※アトピー素因とは…
気管支喘息、アレルギ―性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎の家族歴や既往歴があり、IgE抗体というアレルギーの指標となる抗体を産生しやすい素因のこと

 

症状

症状は年齢によって特徴があります。

・乳児期:頭部・顔面に湿疹が発生し、次第に躯幹に広がるじくじくした湿疹や、耳切れ
・小児期:ひじうら・ひざうらなどに多く見られる皮膚全体の乾燥・湿疹
・成人期:上半身を中心に色素沈着やごわついた苔癬化

このような発疹が、乳幼児では2ヶ月以上、小児期、成人期では6ヶ月以上繰り返すことでアトピー性皮膚炎と診断します。

原因

・乾燥して皮膚のバリア機能が低下した状態での、ダニ・ほこり・食べ物などからのアレルゲンの侵入
・疲れや緊張・悩みなどからくるストレス

多様な環境的要因が重なって起こると考えられていますが、原因についてはまだ解明されていないこともあります。
また、原因や症状には個人差があり、症状を悪化させる要因も人それぞれ異なります。

検査方法

・血清IgE値
・アレルギー検査
・末梢血の好酸球値の検査
・TARC(アトピー性皮膚炎の重症度の評価に有用な血液検査)

これらの検査は、診断の補助や重症度の判断に用います。

治療方法

・ステロイド外用薬:強い皮膚症状の場合
・タクロリムス軟膏(商品名:プロトピック軟膏):顔面、頚部の皮膚症状の場合
・抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬、漢方薬などの内服:強いかゆみによる掻破(そうは)で悪化する発疹を抑制する場合

ステロイドの強さは部位や皮疹の状態に合わせて調整します。落ち着いている時は保湿剤のみの外用で状態を保つことも可能です。
当院では、新生児、乳児に対しては、必要に応じて非ステロイド剤外用を行うこともあります。
治療でまず大切なのは、信頼できる皮膚科専門医への定期的な通院です。ひとりひとり皮膚の症状は異なり、体調や季節によっても変化します。そのつど診察を受け、必要な検査や治療が必要です。
薬物療法のほか、日常生活では、住環境の整備(カーペットを用いない、掃除をまめに行う、汗をかき過ぎないように温度・湿度に気を付ける)や、スキンケア(皮膚への刺激物質を避け、清潔に保つ)が大切です。


 
ページトップへ戻る